Mr. & Mrs. POTATO

2019年9月からカナダでワーホリ予定の仙台在住25歳、フィリピンハーフのブログ。ワーホリのことはもちろん、旅行、国際恋愛、趣味の似顔絵やカメラのこと等、備忘録も兼ねて綴っていきます

【CRプログラム】フロリダのディズニーで働く

 

こんにちは、AIです。

最近めっきり閲覧者が減っていて、地味に悲しいです。

(まだ始めて10日なので当たり前だけど...)

 

 

さて今日は、

去年の冬、前いたアパレル会社を退職する前に

応募していたCRプログラムについてお伝えしていきます!

 

 

 

CRプログラムとは

 

米国フロリダ州ウォルト・ディズニー・ワールドエプコット® 日本館で

1年間、日本の代表としてお仕事をするというものです。

 

f:id:Mr-Mrs-POTATO:20181211123929j:plain

https://disneyworld.disney.go.com/destinations/epcot/

 

米国三越株式会社が運営しているプログラムで、

選考の大半は、日本の三越株式会社が執り行います。

 

 

★応募したきっかけ

 

単純に、アメリカのフロリダで働いてたらかっこよくないですか?

 

元々、海外(特にアメリカ)で働きたい!

という夢があったので、このプログラムは、私にとって最大のチャンスでした。

 

専門学校卒業前、就職活動をしていたころ

たまたまこのプログラムのWebページを見つけたのですが、

当時、すでに応募が締め切られていたので挑戦することが出来ませんでした。

 

しかし、前のアパレル会社を退職後、

特に次の仕事も見つかっていなかったので、3年越しの挑戦をすることに!

 

 

★選考内容

 

  1. 一次選考(書類選考)
  2. 二次選考(グループワーク・適性検査・日本語面接、後日英語のWebテスト
  3. 三次選考(米国三越によるWeb選考):英語履歴書、カバーレターの提出
  4. 最終選考(米国三越による英語面接)

 

大きく分けて4選考を勝ち抜かなければなりませんでした。

 

私の場合、三次選考を合格したものの、

思い直して最終選考に進むのをやめました。

なので、私がお伝えできるのは三次選考までの様子となります。

 

 

 1.一次選考(書類選考)

 

まずはじめの選考はエントリーシート、自己推薦状の提出から始まります。

 

f:id:Mr-Mrs-POTATO:20181211124431j:plain

 

「こんな資質があるから、私を選んでください!」といった感じで、

地味に多い文字数を各項目埋めなきゃいけないんです。

 

これ、かなり苦戦しました。

多分どの選考よりも私の頭を悩ませた選考だと思います。

 

父と兄に添削してもらい、深夜まで修正作業をして締切日当日に提出しました。

(締切日当日だったので、受け取ってくれるか不安で仕方なかった)

 

 

2.二次選考(グループワーク・適性検査・日本語面接、後日英語のWebテスト

 

東京の三越本社に出向き、グループワークと日本語面接

適性検査は、事前に済ませておくように指示がありました。

 

f:id:Mr-Mrs-POTATO:20181211124421j:plain

 

待合室では、スーツを着た人たちがチラホラ

集合時間になり、部屋に通されます。

 

そこで提出書類(メディカルチェック等)の確認があり、

グループワークの準備ができるまで待ち時間。

あの誰も話さない無言の時間って、緊張をより増幅させますよね笑

 

 

さあ、いよいよグループワークの始まりです。

面接官2人に対し、自分を含め6名の受験者がいました。

 

お題は2つ

私、グループワークが本当に苦手で(過去に1回しか経験したことないけど)、

ディスカッション時の発言はほぼほぼしてないです笑

 

ただ、ほかの人が思いつかないような発言をした方が

印象に残りやすいと思います。

 

私の場合、他の受験者の方が私のアイディアを拾ってくれたので

座ったまますずめ踊りを踊り、会場を少し沸かせました。

※内容については他言できないので詳しい内容は伏せます

 

確実に、これがグループワーク合格の決め手だと思っています笑

 

 

午後は、日本語面接。

 

運よく2番目だったので、サクッと面接してサクッとお家に帰りました。

聞かれる内容は、ごく一般的な就職面接の内容です。

あとは、業務的な内容。寮で暮らすことに抵抗はないですか~とか。

 

ここは、面接官にもよりますが

リラックスして挑むことが出来ました。

(実際は、グループ面接で大失敗したと思っていたので、どうにでもなれと思いながら面接を受けてました)

 

 

後日、Webで行う英語のテストについて連絡があります。

これ、かなり難しいです。英語話せる人でも難易度高いと思います。

 

印象的なのは、内容を聞いて、その内容を英語で要約して話すテスト。

「あーちがう」「あー間違えた」「難しすぎ」とテスト中連呼してました。

 

 3.三次選考(米国三越によるWeb選考)

 

二次選考の合格通知が届いたら、

すぐに英語履歴書、カバーレターの提出を求められます。

 

f:id:Mr-Mrs-POTATO:20181211124710j:plain

 

締切まで日があまりないので、二次選考の合格通知を待っている時に

作成することをお勧めします。

 

私は運よく、カナダ人の彼がいたので、

内容をCheckしてもらいました。

 

周りに英語ができる人がいたら、絶対アドバイスをもらった方がいいです。

(海外で就職経験がある友達であれば、尚良。)

 

 

私からのアドバイスは、

 

「私、こんなに使えるよ!私を選んだらこんな特典があるよ!」

 

ていうアピールをすること!

 

 

書類提出後は、毎日選考結果のメール確認してたな、そういえば。

 

やっとのこと合格通知を受け取り、

最終選考に進むか進まないかの確認メールが届きます。

 

 

私は、諸事情でドロップすることに決めましたが、

最終面接に合格する自信、かなりありました笑(根拠のない自信ってやつ)←

 

 

★私流:選考に残れるコツ

 

これは、このCRプログラムに限らずどの選考でも言えると思うのですが

 

『ハキハキと笑顔で』

 

これが一番のコツです。

言っている内容、言葉使いは正直どうでもいいんです。

さすがに、チャランポランな事を言ってちゃまずいですけど。

 

志望動機、長所とかって書類選考の時に既に読まれている訳ですから

面接の時に見る一番のポイントって、

その人の雰囲気や、人柄、会社に合っているかなんですよ。

 

特に接客業の場合、マイナスの雰囲気漂う人を採用するより

元気で明るくハキハキした人を採用したほうが、お客さんって寄ってきますよね?

 

三越は、販売業界の大御所ですから、

そういったことに関しては、他の企業より長けていると思います。

 

一応、受けた選考は全て合格してきたので(って言ってもCRプログラム含み3社だけ)

私流必勝法として参考にしていただければ幸いです笑

 

 

★最後に

 

トランプ大統領に代わってから、

アメリカの就労ビザがますます取得しにくくなっている中、

アメリカで働くことが出来るこのプログラムは最高だと思います! 

(1年間の期限付きですが)

 

海外で働いてみたいな…と思っている方も、

CRプログラムに応募しようかなと迷っている方も、

この記事で初めてプログラムを知り、興味を持たれた方も、

 

まずは一歩踏み出して、トライしてみてください!

 

 

現在、2019年8月・2020年1月入社の募集を行っているようです。

cr-program.com

  

自己推薦状、英語履歴書、カバーレターを参考にしたいという方、

私ので良ければ、お見せしますのでご連絡ください。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村